Ghost of Tsushima

Ghost of Tsushimaクリア!感想レビュー

投稿日:

久しぶりにじっくりプレイしました!

クリアするのが惜しかった。もっと長くこの世界に居たい。そんな神ゲー。

これは日本を舞台にした最高のゲーム。いや、最高の”時代劇”だ!



PSストア通常版  デジタルデラックスエディション

デジタルデラックスを強くオススメする。PS4テーマは素晴らしいし、付属のミニアートブック、50分近くあるディレクターインタビューは是非見ていただきたい。

総合

オープンワールド時代劇!世界観が美しすぎる。わび、さび、独特の日本文化が表現されている。戦闘の緊張感も最高。だが、会話がスキップできないなどの問題も少しある。

総合評価:

良い点

時代劇

まさに時代劇。黒澤明監督に影響を受けまくっているどころか、モノクロの「黒澤モード」まである。

開発は海外なのに日本人以上に時代劇を分かっている。開発の人全員日本国籍上げてもいい。そう思うほどに”和”。

何度も言うが時代劇だ。敵の倒れ方とかまさにそれ。斬られてから少し経ってから倒れる。理想の「や、やられたぁ・・・」をやってくれる。

ストーリーも概ね時代劇。女、子供容赦なく殺されるなど全体的に残酷ではある。そんな絶対悪だからこそ、侍の誉れを捨て冥人になれる。

海外が作っていても日本語訳完璧。いや、翻訳だけじゃなく語り口も完全に時代劇。琵琶法師が伝承を語り聞かせてくれる場面は本当にそう思った。

海外でも日本語音声、自国語字幕ができるからこだわってるのかも。

 

じっくりとこのゲームを味わってほしい。メインだけサッと進めるのは味気ないかな。浮世草(サブクエスト)をやりつつ、ゆっくり景色を楽しむ余裕あるプレイがベスト。

ストーリー進めると浮世草ができなくなるものがある?という噂もある。

美しい映像

美しい世界。中には実写かと思うほどの画像も見かける。

没入感が凄まじい。まず画面上にマーカーや体力などほとんどが表示されない。

目的地は風の流れで確認、狐や鳥が導いてくれる。たしかにマーカーの方がわかりやすい。だが、風情ある表現というか、美しい景観を邪魔しない作りが実に味がある。

簡単にフォトモードにできるのも魅力。一部のムービー以外、十字キー右でフォトモードになる。カメラの設定で流れるような演出ができる。

エフェクト追加、風の強さの変更などなど。フォトモードやり始めると時間がいくらあっても足りない。もしかすると戦闘よりも長い時間撮影していたかもしれない。

ゲームさんぽとかで、プロの写真家の方がプレイするとどうなるのだろう?非常に気になる。

ネタバレになりそうだから画像は控えるが、最後の場面はまさに圧巻だった。是非自分の目で確かめてほしい。

わび、さび

↑の時代劇と同じ部分もあるが、本当に上手く”和”が表現されている。

特に驚いたのが、和歌を詠む場面。

心情をこの美しい景色になぞらえて詠む。

出来申した!

・・・

まぁ、歌の出来はともかくとして、この雰囲気を海外の人が作った事に驚いた。

そして歌を詠みたくなる気持ちがはじめて理解できた。美しい景色を見ながら、ゆっくり心を落ち着けて物思いにふける。そりゃ歌いますわ。

学校の授業では全く興味を持てなかったが、これで和歌の事をもっと知りたくなりました。

今、忙しいこの世の中で必要なのは、こういう心かもしれんな・・・。

戦闘楽しい!侍か、冥人か...

戦闘がすごく楽しい!

オープンワールドゲーは作業感がでてくるものだが、このツシマは中々飽きない!

難易度は高い。いや、そう難しくはないのだが、ちょっとしたミスですぐに死ぬ。そんな緊張感のある絶妙な難易度。

最初は苦戦する盾持ち、槍の敵も「型」を変えたり、技を覚えると格段に楽に、面白くなる。

パリィ、受け流しも割と判定甘くてやりやすい。この押し引きが絶妙で奥が深い。

そんな正面から侍らしく誉れある戦い方もいい!

だが、蒙古はそんなに甘くない。時には道具を使ったり、汚い手を使う必要も出てくる。

誉れを捨て、冥人(くろうど)の戦い方もある。

闇討はもちろん、道具を使った爆殺など何でも有り。

手段を選ばなければ蒙古など恐るるに足りん。

話の上でどうしても闇討しないといけない場面もあるが、基本的にどの戦法を取るか自由。己の道を進め!

読み込み音速

ロード時間が凄まじく早い。オープンワールドでこの早さは未だかつてない。それほどに早い。

例えばゲームを始める時。だいたい最初のロードで時間がかかるものだが、これはほぼ読み込み時間なく始まる。

ファストトラベルも他ゲーならスマホ見たり、ちょっと休憩のそんな時間は無い。スマホ触る暇もなく始まっている。

読み込み中のTips読めません。いや、読ませる為にあえてロード時間を作ってるという噂もある。

よく死ぬが一瞬でリトライできるのでストレス無し。ほんとにビックリするくらい速い。

一番ビックリしたのは手動セーブ。”保存中”とか一瞬もでないからねw瞬きする間もなく保存される。

悪い点

会話、ムービースキップできない

これがこのゲーム一番残念な点。何気ないものを含めて、全ての会話・ムービーはスキップできない。

全てフルボイスできっちり最後まで聞かないといけない。

初見の一周目はこれで問題ないが、もう一回やりたいなぁと思った時にこれは厳しい。

これも”時代劇”と考えればいいのだが、ゲームとしては飛ばせる機能が欲しかった。

これさえ出来れば星5、神ゲーの中の神ゲーだった。アプデで追加されることを期待する。

ロックオンできない

ロックオン機能がない。スムーズに攻撃したい敵を狙うことはできるが、カメラは自分で操作しないと動かない。

攻撃が□・△ボタン、回避○ボタンということもあって、戦闘中頻繁にカメラを動かすのは難しい。

死角からの攻撃はどうしても出てくる。

 

だが、長くプレイしていると、なんとなく攻撃のタイミングがわかる。見えなくても雰囲気で掴める(気がする)。

キツイのは序盤だけで、別に無くてもいいかもしれない。カメラワークも時代劇風に見せたいのかも。設定で自動カメラ追尾のようなものは欲しかったかな。

分岐

途中の分岐は多分無い。最後だけ選択肢がある。どちらを選んでも最後の会話が少し変化するだけだと思う。手に入る装備の色が違ったかも。

セーブデータを残して両方見てもいい。

選択は、己が決めろ!

 

分岐とは少し違うが、プレイスタイルによって天候が変わるらしい。冥人の戦い方だとNPCの反応も悪くなるとか。特に問題はないが、そういうのも気にしてみるといいかもしれない。

クリア後

クリア後も引き続き蒙古と戦える。↑分岐によって装備の色が違うくらい。

まだ全部やり尽くしてないので何とも言えない。もしかしたら隠し要素ある・・・?

強くてニューゲームはない。だが、ソニー販売のゲームは割とアプデで追加される印象がある。そのうち追加されるかも?

対馬市×Ghost of Tsusimaコラボ

対馬市とゲームの特設コラボページがある。

対馬の歴史、舞台となった元寇の歴史の説明がある。

最初の舞台となった小茂田浜や金田城の今の画像など。

私が一番興味を持ったのはやっぱり郷土料理!おそば好きなんだよね。原種に近いと言われる「対州そば」は食べてみたい!新鮮なお魚も魅力的!おさしみ・・・ワハハ!酒じゃぁぁぁ!!

もう少し落ち着いたら行ってみたいな!

他画像

あとがき

神ゲー!久しぶりに時代劇を見た!こういうのでいいんだよ!

期待していたが、その期待を大きく超えた神ゲー!日本人で良かった!!

これは是非プレイして欲しい!

日本人には間違いなく受ける!海外でもかなり話題みたいね。ラスアスみたいにたまに変なの湧いてるみたいだけど。

散歩するだけでも本当に楽しかった。

強いて言えばもっとフォトモードに機能があれば・・・。これでも充実しているほうだけど、出来ればポーズなど遊び要素あればもっともっと楽しめる!

 

あれ?そういえばさ、元寇って2回攻められたよね?開発の「Sucker Punch」さん!元寇もう一回来たよね!?

アプデ、DLC、続編を強く期待している。inFamousの続編も信じているぞ!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-Ghost of Tsushima
-

Copyright© ゲームの玉子様 , 2020 AllRights Reserved.