Overwatch

[オーバーウォッチ] アップデート2.72、シグマ登場!

投稿日:

タロンの新タンクヒーロー「シグマ」がついに追加されました!

それとシーズン18を前にロールキューのベータも同時に追加!!




2.72

まだ日本語なかったので機械翻訳で紹介。

パッチノート

パッチのハイライト

新機能:ロールキュー

Role Queueは、Overwatchのマッチメイキングおよびキューイングシステムのアップデートで、プレイヤーがゲームでどのロールをプレイするかを選択できるようにします。対戦プレイでは、プレイヤーはゲームを見つける前に役割を選択します。マッチメイキングシステムは、2つの戦車、2つのサポート、2人のダメージヒーローで構成されるチームを作成します。試合に参加すると、プレイヤーは選択した役割内でプレイするヒーローを選択します。試合の終わりに、競争力のあるプレーヤーはメインメニューに戻り、次のゲームに参加する前に役割を選択します。役割キューの詳細については、詳細なブログ投稿をご覧ください。

新ヒーロー:シグマ(タンク)

シグマは、異常な宇宙物理学者で揮発性のタンクであり、軌道実験で重力が制御できなくなりました。タロンによって操作され、生きた武器として配備されたシグマの戦場での存在は無視できません。シグマは2つのハイパースフィア(重力電荷)を発射します。これらは壁から跳ね返り、短時間で内破し、かなりの半径内の敵にダメージを与えます。Experimental Barrierを使用して、選択した場所にフローティングバリアを推進し、いつでもバリアを解除できます。Kinetic Grasp Sigmaを使用すると、入ってくる発射物を空中で凍結し、シールドに変換します。SigmaはAccretionを使用して大量の破片を収集し、それを敵に投げつけて倒します。Gravitic Fluxでフルパワーを解き放ち、シグマは飛行し、標的地域の敵を持ち上げ、

一般的な更新

裏書

  • プレイヤーは、次のゲームモードで相互に承認できるようになりました。
    • ミステリーヒーローズ
    • 無制限
    • デスマッチ
    • トータルメイヘム
    • 低重力
    • すべてのPvEイベントゲームモード(蜂起、報復、暴風雨)

ゲームモード

  • ミステリーヒーロー-コントロールマップで、ヒーローがラウンド間でリセットされるようになりました。

ワークショップ

新しいイベント

  • プレイヤーディールドヒーリング
  • ヒーリングを受けたプレイヤー
  • プレーヤー参加試合
  • プレーヤーの左マッチ

新しいアクション

  • スロットルの変換を開始
  • スロットルの変換を停止

新しい価値

  • ヒーラー
  • ヒーリー
  • イベントヒーリング
  • ホストプレイヤー

開発者のコ​​メント:Workshopで一般的に要求される機能は、ヒーリングを追跡する機能です。そのため、2つの新しいイベントタイプと3つの新しい値を追加しました。また、イベントに参加して、試合に出入りするプレーヤーを簡単に検出できるようにしました。カスタムゲームの管理者スタイルの特権の作成をサポートするために、ホストプレーヤーを使用してゲームの所有者を検出できるようになりました。最後に、プレイヤーの入力スロットルをスケーリング、反転、回転する機能を追加し、第三者のキャラクターの制御を容易にしました。

ヒーローアップデート

全般

  • グローバルな最終コストは12%増加しました。

開発者のコ​​メント:それらがどれほど大きな影響を与えるかを考えると、アルティメットは頻繁に登場します。私たちは彼らが充電する速さを減らしているので、最終的な使用によって決定される戦闘は少なくなります。

  • スローイングエフェクト:スタックする代わりに、友好的で敵対的なスローイングエフェクトが分離され、移動速度はどちらか遅い方で決定されます。

開発者のコ​​メント:この変更は、主にWidowmakerスコープやReinhardtがバリアを設置したときなど、自分のペースを落とすヒーローに影響を与えます。これらの場合、SymmetraのタレットやMeiのフリーズなどの敵対的なスローイングエフェクトは、減速するのをやめるか、敵対的エフェクトのスローバリューが自身を上回らない限り、これらのヒーローを妨げません。

  • ZaryaおよびSymmetraのプライマリファイアビームによる高速追跡など、ターゲットを急速に獲得/失う能力によって完全なダメージが与えられなかったバグを修正しました。

開発者のコ​​メント:これは非常に重要なバグ修正であり、特定の状況でビーム武器がより大きなダメージを与える可能性があります。特に、ZaryaとSymmetraは、このバグ修正の結果、より強力に感じることがあります。私たちはこれらのヒーローを注意深く監視して、彼らが強すぎないようにします。

アッシュ

  • ラウンドあたりのリロード時間が0.3秒から0.25秒に減少しました。

開発者のコ​​メント:Asheのフルリロード時間は過度に制限されていると感じました。しかし、リロード時間を長くすることは、彼女の銃の力のバランスをとることを目的としているため、それを完全になくさないように注意したいです。

ブリギッテ

インスパイア(パッシブ)

  • 回復量が100から130に増加しました
  • Inspireからの自己修復が半分になりました

修理パック

  • 3回の請求があります
  • 回復量が150から120に変更されました
  • 今すぐではなく2秒以上回復します
  • 同じ人に複数のパックを投げると、現在の持続時間が2秒延長されます

ホイップショット

  • 発信速度が60から80に増加
  • 格納時間を0.6秒から0.3秒に短縮

バリアシールド

  • バリアのヘルスが500から200に減少

シールドバッシュ

  • スタン時間が0.9秒から0.75に減少しました

ラリー

  • 最終的なコストは10%増加しました

開発者のコ​​メント:これらの変更の目標は、Brigitteの生存率を低下させることを犠牲にして、チームのプライマリヒーラーを増やすことです。Brigitteはチームの2人のサポートヒーローのうちの1人になりますので、その役割で価値のある十分なヒーリングを提供できることが重要です。

D.Va

コールメカ

  • パイロットの最終コストを12%削減

開発者のコ​​メント:この変更は、最終的なコストの世界的な増加に対抗するためのものです。D.VaのメカをアウトしたときにD.Vaのアルティメットを生成するのにかかる時間は、この更新前と同じままです。

ドゥームフィスト

乱闘

  • クイックメレーは弾薬のリロードを一時停止しなくなりました。

開発者のコ​​メント:これは、Doomfistがコンボの一部としてQuick Meleeを罰せずに、より自由に使用できるようにする生活の質の変化です。

ハンゾー

ストームアローズ

  • Storm Arrowsの弾薬が6から5に減少

開発者のコ​​メント:Storm Arrowsの全体的なダメージ出力が高すぎたため、ショットの最大数を減らしています。

オリーサ

保護バリア

  • クールダウンが8秒から9秒に増加

開発者のコ​​メント:Orisaと対戦するためのフィードバックの共通点は、バリアがすぐに戻ってくるので、バリアを撃つことは役に立たないと感じることでした。保護バリアのクールダウンを増やすと、保護バリアを破壊することの価値が高まります。

ラインハルト

新しいパッシブ:「Steadfast」

  • ノックバック効果を30%削減

開発者のコ​​メント:最前線である近接戦車ラインハルトは、ほとんどのヒーローよりもノックバック能力の悪影響を受けていました。この不満の一部を軽減し、ラインハルトがより簡単に自分の役割を果たすことができるようにするために、彼はノックバックに抵抗するようになりました。

ソンブラ

ハック

  • 敵プレイヤーの持続時間を6秒から5秒に短縮

EMP

  • アクティベーション時間を0.2秒から0.35秒に増加

開発者のコ​​メント:ハックは、長期間にわたる強力な無効化機能です。持続時間をわずかに短縮すると、ハッキングされたプレイヤーとしての効果が大幅に低下することなく、圧迫感が少なくなります。EMPのアクティベーション時間が長くなると、対応する時間が長くなり、相手チームのカウンタープレイの機会が増えます。

シンメトラ

テレポーター

  • 破壊されるまで無限の期間続きます
  • プレイヤーは能力2の入力でテレポーターを破壊できます
  • テレポーターが破壊されるとクールダウンが開始されるようになりました
  • 最大距離が25メートルから30メートルに増加
  • 入口が出口から40メートル以上離れると、テレポーターが破壊されます

開発者のコ​​メント:SymmetraのTeleporterは興味深いツールですが、使用するには制限が厳しすぎると感じることがよくありました。Teleporterを無期限に最後まで使用すると、Symmetraがさまざまなマップやグループ構成で使用される新しい機会が開かれます。

トレーサー

パルス爆弾

  • ダメージが300から350に増加しました

開発者のコ​​メント:Pulse Bombは、Tankに過度に罰を与えないようにするために、少し前にパワーが削減されました。これはまだ目標ですが、この失われた力の一部を復元して、バスティオンなどの他の大型ターゲットや、ブリジットのボーナス装甲を持つ敵に対処できるようにしています。

レッキングボール

マインフィールド

  • 発射体の速度を10から12に増加し、機雷がさらに広がる
  • アクティベーション時間を0.25秒から0.1秒に短縮

開発者のコ​​メント:Wrecking Ballは非常にアクティブなプレイスタイルを持っていますが、彼の究極をうまく活用するのは難しいと感じることがよくありました。この変更により、必要に応じて(特に空中から)Minefieldをさらに広げることができますが、地上近くでアクティブにした場合はよりタイトなクラスターが可能になります。

他にバグ修正がいくつか。

ロールキューはタンク・ダメージ・サポートが必ず2人ずつになるシステム。

こんな感じで最初にロールを選択する。ランクマッチではそれぞれのロールにランクが決められる。シーズン18の前に18日間ベータのロールキューライバル・プレイが始まっています。

後は推薦がミステリーやデスマッチなどでもできるようになった。ほぼミステリー専の私にはありがたい。ずっと1のままだったし・・・。

コントロールでラウンド間でリセットもミステリーらしくていいですね。

ヒーローの調整も大きく変わっています。全体的にアルティメットコスト12%増加。

アッシュがリロード速くなってまた強くなったか。

ブリギッテはかなり本体弱体化です。回復3つ投げられるようになってよりヒーラーよりになったか。バリアが500→200って即割れる・・・。かなり使い方が難しくなりそう。

オリーサの盾クールダウン1秒増加。あまりにも盾強かった感じはありますね。これなら割れるか。

シンメトラはまたまた強化。テレポーター壊れるまで設置できるのは強み。コントロールなどで入口に置いておくだけでみんなの復帰がかなり早くなる。

シグマ

↑これ理想的な動き。実際やるのはすごく難しそう。

かなり好評なオリジンストーリー

スキンなど

まだあまりネタ的なものはなかった。これからイベントなどで壊れていくでしょう!

トレーニングで使ってみました。やっぱり難しい。

開発者はメインタンクと言っていますが、どうもサブタンクぽい感じがします。

あとがき

今回はヒーロー追加、調整、ロールキューとかなり踏み込んだアップデートでした。

ロールキューには賛否両論ありそうですが、それぞれの役割に徹することができるのはいいことだ。マッチング時間はかかりそうだけどね・・・。

久しぶりに認定だけでもやっておこうかな。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-Overwatch
-, ,

Copyright© ゲームの玉子様 , 2019 AllRights Reserved.