トロピコ6

[トロピコ6] 1:カリブ海のペヌルティーモ

更新日:

ミッションやってみた!

最初のミッション。プレジデンテの始まり。

※今回は画像が荒いです。申し訳ない。




私だ。

ハイカラだろ?

笑ったものは怒らないから正直に前に出なさい。このトロピコは自由だ!

あー、夜道は気をつけたまえ。最近は物騒だからなぁ・・・。

ふむ、他にはいないかね?さすがトロピコ人!わかっているではないか。

我が宮殿を紹介しよう。

シンプルが一番。淡い青とピンクでハイカラ感。神隠しがおきそうな迷路を備え付けた神秘的な庭。そして桜の木、この根元には死体が埋まっているとの噂がある。ワハハ!そんなことがあるわけないのにな!

これが私のキングダムだ。

 

少し昔の話をしよう。まずはそうだな、我が右腕ペヌルティーモとの出会いから話そう。

あの頃はまだ帝国の植民地だった。

まだ総督としてこの島を任されていた。ここから私の、トロピコの伝説は始まる。

彼はロジャーくん、定期的に帝国の指示を伝えてくれる。私の仕事ぶりも報告される。今は指示に従うしかない。

砂糖農園のまえに島の確認だ。

ふむ、港・建設・輸送会社と最低限のインフラは整備してある。それと牛牧場とトウモロコシ農園が主な島の食料源。

砂糖農園をどこに作るか。データ収集は基本。その土地にあった物でなければ育たない。

よし、ここに決めた。道路をしっかりと繋げる。

私の見立てだと効率94%。これだけあれば十分。

いい仕事ぶりだ!

すぐに次の命令。いや、一応提案という形か。この砂糖を使ってラム酒を作れと。まぁ原料のままでは価値がほぼないからな。加工する産業は必要だろう。

もう一つ砂糖農園を作っておこう。原料は多いほどいい。

ラム酒蒸留所はできれば原料の近くに作りたい。そのほうが輸送の手間がかからない。だが、こういう加工系は周囲を汚染してしまう。ラム酒はわずかな汚染だがすぐ近くはやめておいたほうがいいだろう。

そうだな、この辺はどうだろうか。

少しの汚染らしいからそこまで距離なくても大丈夫だろう。港と繋げてと。

できるだけ直線の道路は街作りの基本。おばあちゃんが言ってた。

これでよし!

報酬として任期を1年伸ばしてもらった。

このような重要(メイン)な命令の他に、ロジャーくんの気まぐれ(サブ)要請がある。

農園をさらに2つ作れと。ふふふ、そうくると思ってたよ。

国家予算に余裕があるし、本当はたくさん農園や蒸留所を作りたい。だが、このように要請が来てから作れば報酬がもらえる。

ん!?「指示待ち人間www」と言う者が昔にいた。実に有意義な考え方を持つ彼とぜひ意見交換をしたいと思い宮殿に呼んだんだ。だが彼は現れずそれ以来消えてしまった。不思議な事があるもんだなぁ・・・。

農園の場所はちゃんと考えてある。砂糖農園の上にそのまま道路を伸ばした。

しっかりと先を見据えて作らないと!作物はパイナップルとバナナの農園。食べ物の種類が増えるとトロピコ民は幸福を覚えるだろう。種類は多いほどいい。仕事も増えていいことだらけだ。

これでまた任期を18ヶ月伸ばした。時は金なり!

ここで私の左腕、ソフィア・オルテガからの要請。

彼女は自分で悪名高いと言っちゃう優秀な革命派。密かに協力して帝国からの独立を目指しているのだ。

ふむ、図書館か。たしかに必要だろう!

適当に宮殿の隣に建てた。図書館は皆で勉強してなんか頭良くなる(知識)。頭良くなったら建物の別の使い方(ワークモード)や布告を思いつく(研究)。

報酬は革命派の移民10人を希望。人は石垣!

外から革命派って・・・。

細かいことは気にするな!そういうもんだ。

むぅ!?ここで問題発生。

蒸留所が止まってしまった!砂糖農園2つでは足りてない。ということで3つ目を建てる。

まだだ!4つ目!!

これだけあれば大丈夫。状況を見て迅速に対応、これができる総督!隣にトラック輸送も作ってしっかり運んでくれるだろう。

そうそう、ラム酒はちゃんと輸出の契約をしておいた。

ふふふ、相場が+20%を狙うのがポイントよ。一年ごとにルートが変わるから毎年チェックが重要だ。数量は好みでいいだろう。私は+20%ならだいたいMAXだ!

このように輸出契約しないと製品が溜まるだけでお金にならない(少しは輸出されるみたい)。食べ物は食料雑貨店などで国内消費され幸せを感じるだろうが、収入としては微々たるもの。

港より数ヶ月ごとに輸出される。その時に大きなお金が入る。逆に1、2ヶ月ではお金にならないのである程度の蓄えが必要だ。毎月の維持費はしっかり残しておかねばな!

ロジャーくんか。今度は帝国と輸入ルートを開けと。

そんなことより魚を捕ろうぜ!

むぅ!?

なんということだ。海を越えて橋を架ける技術がまだないとは・・・。

川ならOK!似たような幅なんだがな。やはり波や塩の問題があるのだろう。

その横に頼まれていたトラック港というものを作った。

ふむ、私の記憶にない設備だ。「トラック運転手が他の島に物資を運べるようになる」

きっとこれで道路とトラック港の両方から行き来できるんだろ!じゃあこっちにも作ってと。

うん・・・?契約が進まんぞ!どういうことだ!!

担当者はなにをしている!おのれスクエニ!バグか!!

ん?そういえば・・・

「他の3つの島のそれぞれにトラック港を建てる」

・・・

こういうことか!トラック港を他の島に作ることで橋を架けなくてもやり取りができると!本島には必要ない。

契約書はよく読めと言っておいただろ!秘書には休暇を与えよう。毎年綺麗な花を咲かせておくれ。

そうと分かれば早速開拓だ!

ふふふ、前から西にある島に金があることは知っていた!これで稼ぐぞ!!

ん?南の島には変な落書きがあるぞ。

うぉっ!?島からオッサンが!?

ふむ、先ほど秘書が不慮の事故でいなくなってしまったからな。彼はペヌルティーモ、自分で優秀な補佐官と言っているので安心だ。彼を私の右腕としよう。なにか運命のようなものを感じる。

さっそくココナツ収穫場が必要との提案。一理あるな!!これはココナツ資源の豊富な東の島に作ろう。

トラック港の契約は完了でまた任期を伸ばした。

次は革命派のソフィアから重要な話があるとのことだ。

ふむ、だれかに聞かれたら危険だな。ここは私が開発した糸電話を使えば問題なかろう。

金鉱山は大丈夫だ。なるほど、次はみつ・・・、ゴッホン!輸出のルートを見つけなければな。

海賊の入り江という施設が必要か。これも覚えがないものだ。

なるほど、これで公認の海賊達を使って略奪などができると!さっそく金を流そう。

アホイ!ジャック・ペヌルティーモ!金は任せたぞ。

少し時間がかかるようだ。その間に色々とこなそう。

うん、帝国に隠して金の密輸とかいう話だったが、普通に帝国相手に輸出できた。交易ルートはお金で解放する。

次は忘れかけていた輸入ルート。

適当に安いものにした。数量は最低限がいい。契約は輸入・輸出が全て運び終わると完了となる。なので数が少ないほうが早く終わる。

次はソフィア。なにぃ!?賄賂の額を調べる為に賄賂を贈るだと!?

天才かよ!まさに逆転の発想。悪を調べる為に悪になることが必要とは真理。

私には酒場との関係性がわからん。だが、きっとなにか意味があるのだろう。なかなか洒落た作りだ。

ココナツ収穫場を作ったらロジャーくんが怒った。

なんと!カナッペが嫌いとは!あれだろバケットやクラッカーの上にチーズやトマトなど色々乗せるヤツ。ツマミに最高ではないか!本物を知らないのだな、今度ココナツ100%カナッペをご馳走しよう。

伐採キャンプ!そういえばそんなものがあったな。

さらに伐採伐採!!

2つの伐採キャンプとその丸太を板材にする製材所を1つ。もちろんココナツ以外の木を切ったぞ!

今回のキャンプはデフォルトで植えながら切ってくれる。普通にやっていれば枯渇することはない。ただ建物を木の上に建てると消滅するから近くに作るときは気を付けなければならない。

そんなこんなでジャックが帰ってきた。

なんと!?ペヌルティーモはパンのバターが塗られている面がわかると!天才かよ。

ふむ、その天才の案「ゴールドナッツ」!よかろう!!

奥に一つの鉱山を作った。ここにココナツを運んで中に・・・。

ふふふ、さすが私の右腕!

1000ユニットあたり12000円。ただの金は9000円。そりゃそうか、ただナッツの中に金があるだけだもんな。

だがワクワクするぞ!そういうのがトロピコでは重要だ。お金儲けもセクシーに行う必要がある!

さぁ、これで資金の目処はついた。あとはタイミングだけ。

うん?ロジャーくんから劇場を作って欲しいと。たしかに文化は必要だ!

適当に建ててと。高級娯楽は富裕以上の市民と観光客が楽しんでくれる。庶民向けの酒場のような娯楽とは別にこういうのも必要だ。

おぉ!私の人生を描いた物語が上映されると!

ペヌルティーモ!すぐに向かうぞ!!!

うん?カナッペ事件はおまえか!よくやった!!

ワハハハハ、表向きには完璧に帝国の犬を演じているのだ。そんな罠なんてありえない。

Zzz・・・

うるさいぞペヌルティーモ!せっかく気持ちよく寝ていたのに・・・。

うん?撃たれたの?最近は物騒だなぁ。だいたいココナツを塗れば治る。

そうだな、いつ敵が来てもいいように独立の前に監視塔を作ろう。

前世のクセで港付近にまとめて作った。これは敵が攻めてきた時に囮になってくれる。普段は近くの市民の裏の顔、反乱組織や犯罪者なのか知ることができる。

撃たれたくらいで仕事を休むことは許さん!

独立するための最後の仕事か。国民が私を支持するための幸福度をあげる必要があると。

それは信念だ!だってあと2くらいすぐ上がりそうだもん。

はい!これで後は革命万歳を叫ぶだけだ!

さぁ、ここから私の!いや、我々の伝説が始まる!

戦争なんてとんでもない。金で独立だ!今はな・・・。

なんだかんだロジャーくんは仕事をしてくれた。帝国の犬はパシリでもしていれば良いのだ。そしてこれで二度と会うこともなかろう。

革命万歳!!!モグモグ・・・

これが自由!さぁ、今日はココナツカナッペパーティだ!

今日から名乗らせてもらおう。私がぷれジデンテだ!

次回:悪巧み

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-トロピコ6
-

Copyright© ゲームの玉子様 , 2019 AllRights Reserved.