大乱闘スマッシュブラザーズ

過ぎ去りし思い出・・・(スマブラ)

投稿日:

これはある男の物語である。

ある日、男のもとに小さな小包が届いた。

「フッ、ようやくきたか!」

ニヤリ、と笑い、豪快に・・・とみせかけ、かなり慎重に包を開る。

「そうか、もう十年もたつのか・・・」

男の心に蘇る懐かしい記憶。

十数年前、男がまだ学生だったころの記憶だ。

夏休み、男は毎日のように友達の家へ行き、ゲームをしていた。

毎日、毎日。飽きることもなく、夕方まで友達と笑いあった日々。

その時のゲームが、ニンテンドー64『大乱闘スマッシュブラザーズ』である。

「ついに全国デビューのとき!俺の時代がきた!!」

男は強かった。友達の中では最強。どのキャラを使ってもかなりの勝率だった。

さっそく起動してみる。

・・・・・

!?

男の3DSLLはなんの反応も示さない。

「なん・・・だとっ・・・!?」

ただのバッテリー切れである。→充電。

気を取り直して起動。

・・・・

「アップデートだとっ!?おのれ!今は動くときではないと??世界がそう言ってるのか!!」

その後、本体アップデート+ソフトアップデート。約30分ほど待機。

「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛!!!!!いつまで待たせる気だぁぁぁぁ!!」

男は気が立っていた。それもそうだ。なにせ大乱闘なのだから。

ようやく起動。

「懐かしい・・・。スマブラだ!!」

64のころから十数年。Will版も持ってたような気がするが、気のせいだ。
懐かしいキャラ、懐かしいマップ。懐かしい記憶とともに、今3DSにやってきた。

最初は大乱闘。お馴染みのモードだ。
とりあえずはCPUとの対戦だ。キャラはランダム。

「ウホホッ!!」

そう、ドンキーコングである。懐かしいきおk(ry

まずは操作だ。攻撃もろくに出来やしない。

「なんだこれ・・・?攻撃しようとするとジャンプしやがる!!バグか!!」

そうゆう仕様です。デフォルトでX、Yボタンでジャンプ、A通常攻撃、B必殺技。

キーコンフィングができるようなので、さっそく変更。これで準備は整った。

「さぁ、全国へ。伝説の始まりだ!!」

・・・・・

現実は厳しい。男はそっと3DSLLをそっと閉じ・・・なかった!
まだ男はやる気を失ってはいなかったのだ!

「まぁな、操作ぜんぜんわからんし、キャラの技とかわからんしな。最初はしょうがない!」

男は前向きだった。何回かやっていれば、昔の感が取り戻せる。そうすればもう伝説だ。

そうこうしているうちに、ついに、伝説ともいえる神のキャラ引きがきた!(ランダムでばっか選んでました。ふつうにキャラセレできます)

緑のアレ。ヨッシーである。

この姿を見ただけで、震え上がるものも少なくはない。カワイイ容姿とは裏腹にあらゆるものを飲み込む緑の悪魔。

懐かs(ry

こいつの操作は熟知していた。↑Bでたまご投げ、↓Bでヒップドロップ、Bで飲み込みたまご化。
多少の変化はあるものの、ほぼ64のヨッシーそのものだった!

男は興奮した。これなら!熟知しているコイツなら!!伝説の始まりである。

順調だった。まだ思い通りには動かせないものの、ある程度さまになっていた。

「イケる!!くらえ!!飲み込んでやるぜぇぇぇぇぇ!!」

→B

その瞬間ヨッシーは、自らたまごになり転がっていき、奈落の底へと消えていった・・・。

相手を飲み込んで、たまご化しようとした渾身の必殺技。これはB。ただのB。
いつからか知らないが必殺技が増えていたのだ。→Bというのが。
それがヨッシーの場合、たまご化してゴロゴロ転がって体当たりするという技。

そのまま落ちてった。

男は3DSLLをそっと閉じた。

「さぁ!鬼退治だ!!!」

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-大乱闘スマッシュブラザーズ

Copyright© ゲームの玉子様 , 2021 AllRights Reserved.