仁王2

仁王2クリア!感想レビュー

投稿日:

これだよこれ!紛れもなく”仁王”の続編でおもしろかった!

やっとチュートリアル終わったよ!とりあえず1周クリアした感想!



PSストア(通常版)  デラックスエディション

総合

ハクスラ死にゲー。妖怪技が追加されてさらに楽しくなった!前作ファンには間違いない。だが、この2から始める人にはかなり厳しい序・中盤。

総合評価:

良い点

仁王2

これが待ち望んでいた仁王続編だった!

妖怪技、新武器が追加されてより幅が増えた!敵は固くなっているもののちゃんと妖怪技を使っていけば問題ない。使わなくてもなんとかなると思う。

ちゃんと”仁王2”!”0”ではない、前作ファンに嬉しいストーリーでした。気になっている方はぜひ前作からプレイして欲しい。2を先にやっちゃうと1のアクションでは物足りない。

秀千代と藤吉郎、二人で一人の”秀吉”の物語。ストーリーはあってないようなもの、そうプロデューサーさん口を滑らせてましたがそんなことはない!いい物語だった。

妖怪技・特技

敵妖怪から魂代を手に入れるとその技が使える妖怪技。

最初はどうかなぁと心配だったけどこれは正解だった。妖怪技もう手離せない!コレなしでは戦えん!!

これは私のお気に入り「馬頭鬼」の妖怪技。妖力がかなり必要だが前方をなぎ払う高威力な一撃。

だいたい怯む。この威力に脳筋はにっこりだ。ステップで躱す妖鬼は死んでくれ。

妖怪技は気力がなくても使える。そして発動中は気力回復する。なのでコンボの最後に入れると効率的。序盤は微妙だが、終盤にスキルが充実してくれば妖怪技当てると体力回復、発動すると残心などめちゃくちゃ使える物になる。

うん、このなぎ払い好きすぎて他全然使ってなかった。紹介用に少し撮ってきた。

改めて色々な技があるなぁ。威力特化、回避も兼ねた移動技、敵を吹き飛ばすなど。

常闇だと妖力溜まりやすくて強力になるから積極的に使ったほうがいい。妖怪技楽しい!

特技は敵の大技を潰せるカウンター的な技。

強力な叩きつけが放たれそうなヤバイ場面で特技!

怯んで攻撃が止まり反撃のチャンスが生まれる!敵妖力の最大値も減る。これコンボ中などほとんどの動作中からキャンセルして出せて強い。

これもスキルが揃うと気力・妖力回復などメリットが増える。

特技にも3タイプある。簡単に説明すると技の発動前に潰す”猛”、発動後の技に当たりにいく”迅”、パリィのような”幻”。敵によって有効なタイプが違う。迅が一番安全かな。

私は脳筋攻撃タイプの猛しか使わん!発動前に潰す!発動されてもダメージくらいながら潰す!そして掴まれて死ぬ・・・。

そうそう、妖怪武器もおもしろいよ!ゲージが一定値溜まると喋る!強くなったかどうかよくわからんけどカッコイイから使うよね!

もう一つオマケ。今作は武技に属性などカスタムできる。これがまたイイ!

威力はまぁ・・・。そんなことより見た目だ!普段は通常武器でも技の時だけ剣にエフェクトとか最高やん!

ラストの盛り上がり

先人は言いました「終わり良ければすべて良し」

それまで色々あった。理不尽すぎるだろうというような落命の連続。それを乗り越えてのラストがすごくよかった。これでだいたいの不満は吹き飛んだ。それほどに熱い展開でした。

とはいえよく考えれば「それどうなんだ?」と気になる所はある。

細けぇことはいいんだよ!考えるな、感じろ!

ラストの盛り上がりからのラスボスへのトドメは必見!アレは何度も見直したくなる完璧な終わり方でした。

ぜひ最後はなんとかソロでがんばって倒して欲しい。苦労したかいはきっとある!

悪い点

落下不意打ち多すぎる

前作では厳島だったっけ?プレイヤーの落下死続出だった。今回はそれを反省しているという話だった。

うん、落下死はそんなにしない。ただ、その分敵が降ってきた

これを見ていただきたい。

おー、前作のステージ!いいじゃないか!・・・と景色に見とれていました。上になんかいるよね!?

正体がわかった。

上からお猿さん。そして下にある犠牲者の塚。

まだ見えるからいいよね。↓これ見えないから!手裏剣投げたら落ちてきた。

まぁ仁王ではよくあることだったよね。頭上注意は基本!

だけどさ、頻度が多すぎる!殺意がヤバイ。もうあっちこっちからボトボト振ってくる。そしてほぼ致命傷で体力の8割~12割持っていく。

これほんとにひどい。特に序中盤に多いのがいやらしすぎる。

ちょっと面白さ減っちゃうけど、今作は”敵探知”(感知だっけ?そんなの)の能力付いたお守りをオススメする。あまりにも多くてウンザリなんだ。

まぁでも「下ばかり見ていないで上を向いて生きていけ」。そういう開発からのメッセージかもしれんな・・・。

絶対に許さんからな!

マップ複雑

これ最初から前作DLC並みの複雑さ。似たような風景であっちこっちに道があってかなり大変。今作はだいたい常闇ルート、回避ルートの2ルートあってそこから細かい道という感じ。

終盤ならわかるんだけど序中盤がキツいんだよね。↑の初見殺しも合って探索に時間がかかった。なぜか終盤は少しマシになるという謎。

これ今作から入った人大丈夫かな?嫌になって投げる人少なくなさそう。

道中は残念だけどボス戦は楽しいのよね。戦っていて楽しいボスが多い。クソな超大型もいるけどたまにはいいだろう。

ただ、攻撃力がザコ>>>>ボスなのがちょっとね。ザコの攻撃1,2発で死ぬのにボスの連撃は耐えちゃう。もう少しバランスとって欲しかったかな。

棒読み

メインキャストに俳優さんはこれだからやめろと・・・。前作のノブナガ・コウからなにを学んだのか。

大河でも演じたことのある竹中直人さんの秀吉像たしかにベストだ。動きもすごくいい。まさに秀吉!

でもやっぱり声はダメだ。プロの声優陣に混ざると棒すぎて萎える。

ちょい役だったらまだいいんだがなぁ。メインでコレはほんとにやめてほしい。

すけびと・同行者アホ

NPCは要らない子。体験版から改善されたとの情報でしたが全然ダメ。

そもそも付いて来ないんだ。特にストーリーやサブで強制的に付く同行者が全然追いつかない。

ゆっくり走って追いかけてくる。ダッシュやワープなんかしない。だからオブジェクトに引っかかってるのか知らんけど全然来ない。こっちは二人で進むことを想定された複数の敵相手にしてるのに全然こねぇ!無明とかホントに無能(これが言いたかった)!

さすがにボス戦にはワープしてくるけどね。

前作こんなアホだったっけ?いや、誾千代さんとはイチャイチャ仲良く進んだ記憶がある。なにか設定がおかしいのではないか?

うーん、攻撃力は今のほどほどでいいんだけどね。すぐ倒れるし、もう少しタフでちゃんと付いてくるようにして欲しかった。

今の対処法としてはあまり探索せず、複雑な道は通らないように気をつけて、たまに立ち止まってまってあげるしかないかなぁ・・・。

あぁ、すけびとは遠距離攻撃ばっかやって回復もせずにすぐに死ぬ。お猪口の無駄。開幕30秒のデコイ程度の役割。遠距離武器・術系外したキャラは働くかもしれん。動作は元のプレイヤーの動向によってAIが変わるらしいが・・・正直アホしか見てない。

まぁまれびともイキってすぐに死ぬんだけどな!(すまんかった・・・)

サブミッションは協力前提

ほとんどのサブは複数戦です。敵ワラワラすぎてソロでやるともう理不尽の塊。おもしろくない。

でも、これみんなでやれば不思議とすっごい楽しい。お互いに背中をあずけての協力プレイ。最高じゃないか!

ただし今はまれびとほとんど来ないです・・・。みんな自分の攻略しているみたい。あと一週間くらいすればガンガンマッチするんじゃないかな?それまではメインをオススメする。

デラックスのテーマ

BGMが仁王2の「アーアアー♪」言ってる。シンプルに桜の木の下に刀が突き刺さっている。

ゲーム脳の私は上杉謙信にしか思えなかったが全く関係はなかった。

プレイ時間

プレイレコード(称号から確認できる)では約60時間でした(ちょっと放置時間あるから50時間~かな)。メインミッションは全部ソロで探索済み、できるサブミッションも全部やった。かなりのボリュームがある。前作同様かそれ以上。

メインの取り逃しはないがサブはまだ出来ないものが多く残っている。そして本番の2周目開始。どれほど強化されているのか震えてきた。

ちなみに落命回数は198回でした。そんな死んでたか・・・。

クリア後

エンディング後に2周目が追加される。そしてレアリティ”神器”の解放。前作と同じ流れ。

面白いのが”構成管理”の解放。これ前作あったっけ?能力値・装備・術支度のプリセットを登録・呼び出しできる。”能力値”呼び出せるのがかなりいい!書は必要だけどね・・・。

六道輪廻の書は買う度に値段が増えます。ですが、試した所100万が上限みたい。なので毎回100万あれば好きな時に能力変更できるみたい。

さぁ、みんなもトヨ様にお金を持っていこう!

それからまだやってないんだけど、”改造”というのがすごいらしい。

これは武器の”攻撃力への反映”効果を別の能力値に変えられるみたい。試してないからなんとも言えないが、どうやらメインステータス武B+の大太刀、呪の薙刀鎌も剛Aなどにできるようだ。これはみんな同じステになるような・・・。

うーん、何度もいいますがまだやってないから話半分に聞いておいて!

とにかくクリア後はトヨカスのもとへ通い詰める事になるのは間違いない。

秘伝書

今作は敵から武器の製法書の他に「秘伝書」が手に入る。これは武器スキルに載っていない隠し技になっている。

サブミッションの蜂須賀小六から鎖鎌の秘伝書「水神蹴り」が手に入った。

だいたいその敵が使う特殊な技が手に入るみたい。ボスは今まで以上に連戦が必要だ。たしか前作の製法書は難易度上げたほうが落としやすかったはず。

柴田勝家は手斧、斎藤義龍は大太刀らしい。

ちなみに義龍20回くらい戦っても落とさなかったよ・・・。先は長いぜ。

考察

火車(かしゃ)という恐ろしい妖怪がいる。罪を犯した者を地獄へ運ぶ猫の化物。これはしっかりと調査が必要だ。

ふむ・・・これは!?

なんというバランス。ふむ、こうやって車に乗っているのか。もう少しアップにしないとわからんな。

なるほど、これはなんとも妖美な。

それでは戦闘力も確かめよう。

短刀になりたい。

恐ろしい妖怪ということはよくわかった。これからもう少し実戦を重ねて観察が必要だろう。

もう一人考察が必要だ。いつのまにちゃっかり仲間になった風な阿国さん。彼女の華麗な舞は美しい。

ふむ、実に素晴らしい舞だ!もう少しじっくり眺める必要がある。

ふむ、これはなかなかの業物をお持ちで。

これを見ていただきたい。

主人公は灰なのに阿国は白!これはどういうことだろうか!?

うーむ、モロ出し装備の川並衆でも微妙だ。

コエテクともあろうものがサラシガッチリとはけしからん!これは重大なバグだろう。しっかりと抗議させていただく!

あとがき

仁王2最高!理不尽は結構あったけど最後でスッキリした!

ハクスラは相変わらず気持ちいいね。レアがでるとキラーンといい音とエフェクトで楽しい。刀神さんも見習って欲しかったな・・・。

2周目に入ってここからが本番!ここからまれびとやらボチボチやっていこう。

これは長く楽しめそうだ!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-仁王2
-,

Copyright© ゲームの玉子様 , 2020 AllRights Reserved.