Black Desert

[BlackDesert] 格闘家・リトルサマナー追加!

投稿日:

PS4黒い砂漠、2019年11月6日に格闘家・リトルサマナーの2クラスが実装予定!

黒狼と冒険できるぞ!




詳細

リトルサマナー

リトルサマナーは伝説の動物黒狼と共に小剣、装身具を武器とします。一心同体である黒狼とリトルサマナーの攻撃は強力であるでしょう。

 

獣に育てられし王女

 

 はるか東方の、鬱蒼とした森林の中に猛獣たちが潜む巨大な島、人の気配がないヘモ島に生まれたばかりの幼子を抱いたある女性が訪れた。しかし、ひどい傷を負っていた女性は幼子を残し、やがて息絶えてしまった。

 

 偶然にそこを通った獣が残された幼子を見つけ、初めて見る生物に対する好奇心から面倒を見るだけだった。しかし時間が経つにつれて、獣は純粋な心を持つ幼子のことを気に入り、自分の子供たちと一緒に育てるようになった。

 

 時は流れ、獣と共に育てられた幼子は少女へと成長した。そこへ、後継者を探す旅に出ていたヘモ島の神仙であるフィサが黒狼と共に、しばしの休息を取るため戻ってきた。

 旅の中で後継者を見つけることができなかった神仙は、その不思議な少女を弟子にすることにした。幼い時から獣と共に育った少女は黒狼の恐ろしい外見も恐れずにすぐに打ち解け、神仙の教えを次々に習得していった。

 

 少女は徐々に獣から人間へと変わり、自分が誰なのか、どこから来たのかが気になり始めた。しかし、それを知る人は誰もおらず、唯一の手がかりは生まれて間もない幼子だった自分を抱いた女性がヘモ島へ訪れたということだけであった。少女は師匠に知られないよう、密かに人間の世界へと足を踏み入れた。

守りたいロリっ子かと思ったら、タイマン最強と言われる娘だった。馬の代わりに狼に乗れる。楽そう。

通常・小剣

覚醒・天聖棍

格闘家

格闘家は優れた戦闘能力を有しています。彼の戦闘スタイルは実戦経験から生み出されたストリートファイトのような戦い方を、複合させた武術を操ります。

闘神への道

煌びやかに輝くシャンデリア、貴婦人達の楽しげな笑い声、甘美なメロディーと酒と食べ物。

 

これがオレの持つ最初の記憶だ。

 

しかし、この楽しげな記憶はすぐに終わりを迎えた。

間もなく、オレは両親の手に引かれ遥か遠くの東方へ発つ船に乗った。

 

今も鮮明に覚えている。

汚く、悪臭漂う船で、
かつてはカルフェオンの富豪であったオレ達を蔑んだ多くの目に晒されたことを。

 

出航した時、3人だった家族は、見知らぬ港に到着した時にはオレ1人になっていた。

没落した人間がどんな目に合ったのか、当時のオレに知る由はなかった。

 

黒い髪と瞳を持つ人間だらけの世界で、オレは完全なる異邦人であった。

市場の裏道を転々としながら、

金もなく言葉も通じず、地べたを這いずり、物乞いで何とか命を繋いでいたオレに、

変わり者が好きな変人とも呼べる師匠との出会いは、奇跡としか言いようがなかった。

 

オレは師匠に付いて行き、
一緒に旅をする中、文字や言葉、生きる術、全てを師匠から学んだ。

そして、幾数年が経ち、この東方の地でこれから生きていくことを決意し始めた。

闘うことしか出来ない異邦人が真っ当な職を持つことができる唯一の道、

軍人になること、その登竜門である武神祭への出場を誓った。

 

俺は頂点を勝ち取った。

武神祭の優勝者は、年齢、出身、身分を問わずに、

大陸最高の武人集団「西連邦」の一員となれるのだ。

 

覚悟はしていた。

しかし、多くの時を気ままな師匠との旅で過ごしてきたオレにとって、

集団生活はあまりにも肌に合わなかった。

どんな人間でも所属できる「西連邦」であれ、

いや、であるからこそ周囲から逸脱した外見のオレは馴染めなかった。

 

かつてと同じだ。

侮蔑した視線に囲まれたあの時を思い出す、

泥水を啜って生きてきたあの頃を。

倦怠、憂鬱、憤怒、憎悪、負の感情に囚われる。

どこにいっても異端だ。

オレの居場所はどこにもない。

安寧の地を欲する。安寧の地を求めた。

 

こんな時救ってくれるのはやはり師匠だった。

師匠はいつもの気楽な様子で、かつての故郷を目指すことを勧めてきた。

彼の言葉は何故か安心し、正しい気がする。

いや、きっと正しいのだろう。

これまで生きてこれたのは師匠のおかげなのだから。

 

目指そう、

自らが異端ではない、そんな地を

女版格闘家のミスティック欲しかった。

通常・手甲

覚醒・闘神甲

あとがき

リトルサマナーいいなぁ。このキャラも作っちゃうか・・・。

皇室貿易なんかも一緒に実装されるのではないかとの噂もある。

またアプデ直前か後に公式からお知らせがありそう。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-Black Desert
-,

Copyright© ゲームの玉子様 , 2019 AllRights Reserved.