OCTOPATH TRAVELER

オクトパストラベラー神ゲー!レビュー感想など

投稿日:

一応クリアしました!

間違いなく神ゲー!おもしろかった!




昔ながらの和RPG。ドット絵、音楽、全てが神ゲー。

良い点
  • グラフィック
  • BGM
  • キャラ
  • 戦闘
  • 全て
悪い点
  • 無い
総合評価:

良い点

グラフィック

綺麗。ドット+3Dという不思議な感覚。古い、荒いけど美しい。

そして揺れる。

BGM

音楽いい。すごい冒険している雰囲気がでます。スーファミ時代のRPGのような懐かしい音。特にオアウェルの街の音楽が泣けてきました。

キャラ

8人個性があっていい。それぞれ自分の目的の為に旅をしている。

テリオンは一流の盗賊だったが嵌められて竜石を集めることに、トレサは一人前の商人になる為、プリムロゼは父親の仇を探す為、など。

お互いまったく接点がなさそうなストーリーだが最後に全てが繋がる。

酒場で絡みがある。各キャラの裏が見れたりでおもしろい。

戦闘

ペルソナのように弱点を狙う戦闘システム。弱点を一定数当てるとブレイク状態になり、無防備で数倍のダメージが入るようになる。

もう一つの特徴はターン毎に貯まるBP。これを使うと各技がパワーアップする。攻撃系は威力があがり、支援系はターン数が増えるなどの効果。

この二つを組み合わせるのがこのゲームのポイント。弱点を突きブレイク、ブレイク中にBPを使って一気にダメージを与える。

普通は1000程度のダメージだが、ブレイク+BPで数万のダメージになる。これが爽快で気持ちいい。

全て

とにかく全てがいい。これがやりたかった和RPG。この為にSwitchを買うのもあり。

悪い点

本当になかった。ほぼ完璧なRPG。

強いて言うならば・・・

ジョブ、アビリティ少ない

ジョブは各キャラ8人+上位4つの12。アビリティはジョブ1つにつき奥義含めて8つ。もう少し種類と1ジョブで使える技が欲しかった。

同じジョブも同時に一人しか付けられないのが残念。ヌルゲーになるかもだけど魔法キャラでガンガンやりたかった。

仲間切り替えは酒場のみ

そのまんま、切り替えが酒場のみ。メニューで自由に変えられたら色々キャラが出せたのになぁ。わざわざ酒場に行かないといけないので、ほぼ固定PTになってしまった。

ロード時間・オートセーブ

ロード時間短い。マップ切り替えの度にオートセーブが入る。その為リセマラが非常にやりやすい。セーブし忘れてもあまりロスがないが、オートセーブは1つのみの為基本は手動セーブ。

難易度

ほどよい難しさ。基本弱点狙いで一気に倒せるが、逆に倒しきれなかったら反撃で味方壊滅。攻守をうまく考える必要があって戦略的におもしろい難易度。

ダンジョン毎に推奨レベルが書いてあるのでわかりやすい。マップに目的地が強調されて迷うことはない。昔と現代のRPGをうまくマッチしてあって遊びやすい。

ファストトラベル

一度訪れた街にはいつでもファストトラベル可能。ダンジョン内からでも移動できる。街のみでダンジョンにはファストラベルできない。

ボリューム

じっくりデータ取りながらだったのでストーリークリアに80時間。普通にやると50時間くらいじゃないでしょうか。真エンドまでは70時間くらいかなぁ。

まとめ

スイッチではナンバー1のゲームでしょう!

本当におもしろかった。スイッチ持っててよかったと初めて思えるゲームでした。

これは続編か、シリーズ物に広がるかもしれない!新しいRPGシリーズとして続いてほしい!

・・・といってもまだ真エンディング見てないんだけどね。

 

これでスイッチにもトロフィー・実績のようなやり込み要素が欲しいなぁと思いました。やり込みに目標が欲しい。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



-OCTOPATH TRAVELER
-

Copyright© ゲームの玉子様 , 2020 AllRights Reserved.